客席参加型朗読劇「しっぽのなかまたち4」 | FEARTURING【特集】 | パーフェクト・エンゲキ・ガイド

FEARTURING

客席参加型朗読劇「しっぽのなかまたち4」

しっぽのなかまたち4

この度、人気キャストが数多く出演し、観客も一緒に参加して楽しむことができると好評の客席参加型朗読劇「しっぽのなかまたち4」が8月15日(土)より全労済ホール/スペース・ゼロにて上演される。
本作は、保健所に連れて来られたり、ペットとして飼われたりする犬や猫、またその身近にいる人間たちの想いや出来事をオムニバス形式で上演する、笑いあり涙ありの朗読劇。出演者には、男女問わず人気のキャストが勢揃いし、回ごとに異なる出演者による朗読劇が楽しめるだけでなく、時にはクイズの出題があったり、キャストが客席に降りて来たりなど、まさに「客席参加型」としての上演形式も人気の理由の一つとなっている。

4回目の公演となる今回は、書き下ろし新作2作を含む3部構成となり、更にパワーアップ。
「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」を手がけた岡本貴也が脚本・演出を、「ごくせん」や「1リットルの涙」など数々のドラマを手がける江頭美智留、舞台「タンブリング」シリーズやアニメ「弱虫ペダル」や「幕末Rock」など話題作を手がける広田光毅が脚本を担当する。

今回は、前回公演にも出演し、今回は全14公演のうち7公演に出演予定の石田晴香(AKB48)と、2公演ぶりの出演となる、舞台でも大活躍の鮎川太陽に公演ついて語ってもらった。


Q:本公演について教えて下さい

鮎川:主に、人間の都合で手放されてしまった犬や猫のことが描かれた作品です。僕たち役者が犬や猫になりかわって演じることで、そういった現状を、たくさんの人たちに知っていただこうという内容の企画です。

Q:公演の見どころは?

鮎川:お客様とのコミュニケーションが要所でありまして、例えば僕たちが演じている犬が舞台上で投げられたボールを客席に拾いに行ったりとか、ちょっとしたクイズのようなものがあったりとか、そうやって皆で一緒に楽しむことができるところです。

Q:意気込みをお願いします

鮎川:一つ一つの役を大切に、一つ一つのセリフをちゃんとお客様に伝えられるように頑張りますので、是非楽しみにしていてください。








Q:前回に引き続きの公演ですが

石田:前回はスケ番の役をやらせていただいたのですが、あまりそのような役を演じることがなかったので大変でした。今回はそういった役ではないので、大丈夫です(笑)。

Q:共演者について一言ください

石田:今回は1公演につき女性が1人なので、一緒には舞台に立つことができないのですが、同じ48グループで仲良しの佐藤すみれちゃん(SKE48)も今回初めて参加してくれるので、それがすごく楽しみです。

Q:お客様にメッセージをお願いします

石田:今回、台本を読ませていただいた時に思わず泣いてしまいました。この感動は観劇していただいたら分かるかと思いますので、是非劇場に足を運んでいただけると嬉しいです。

鮎川太陽
石田晴香(AKB48)

会場が一体となって楽しむことができる客席参加型朗読劇「しっぽのなかまたち」。たくさん笑って、心から温まる、忘れられない思い出を是非劇場で作ってもらいたいです。

公演情報は下記INFORMATIONを参照。また、パーフェクトエンゲキガイドでは、本公演のパンフレットのプレゼントも受け付けている。詳しくはこちらから。

INFOMATION

●朗読劇「しっぽのなかまたち4」

青柳塁斗、阿久津愼太郎、鮎川太陽、石田晴香(AKB48)、鎌苅健太

川原一馬、木田健太、黒羽麻璃央、佐藤すみれ(SKE48)、染谷俊之

高柳明音(SKE48)、竹達彩奈、戸谷公人、冨森ジャスティン

中村龍介、廣瀬大介、廣瀬智紀、松本優希、南圭介、百瀬朔

矢崎広、山口純、わたなべいつき
(50音順)

音楽・演奏:森大造

【スタッフ】
脚本:江頭美智留、岡本貴也、広田光毅
演出:岡本貴也

【公演日程】
2015年8月15日(土)~23日(日) 全14公演
各公演、男性5名&女性1名&森大造さんの生演奏の組み合わせとなります。

【チケット及び公演情報の詳細】
公式HP: http://dogtocat.exblog.jp/



最新の特集記事

BACK NUMBER