劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月の製作発表会見!! <br> 2016 |NEWS【最新ニュース】|パーフェクト・エンゲキ・ガイド

NEWS

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月の製作発表会見!!

2017年11月~2018年2月に、IHIステージアラウンド東京にて上演される舞台、劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月の製作発表会見が25日、都内で行われ、福士蒼汰と宮野真守らキャスト陣が登壇し、意気込みを語った。 この日の製作発表会見には、“上弦の月”チームから、福士蒼汰、早乙女太一、三浦翔平、須賀健太、平間壮一、高田聖子、“下弦の月”チームから、宮野真守、鈴木拡樹、廣瀬智紀、木村了、松岡広大、羽野晶紀、そして劇団☆新感線主宰・演出のいのうえひでのりと座付き作家の中島かずきが出席。 本作が初舞台となる捨之介役の福士は「本作が初舞台で、しかも劇団☆新感線の舞台でどこをどう緊張すればいいのかわからない状態ですが、頼もしい仲間たちが沢山いるので、支えてもらいながら自分らしく 捨之介を演じたい」と、意気込みを語った。


また、同じく捨之介を演じる宮野は「今回は、“超若髑髏”ということで。僕は以外と若くないんだけど大丈夫かな。体に鞭を打って頑張ります。」と会場の笑いを誘い、続けて「普段声優という仕事をしている中で、まさかまさかのお声がけだったこういう大きなチャレンジが出来るという事は大きなプラスだと思っている。」と目を輝かせた。 “Season鳥”で無界屋蘭兵衛役を演じていた早乙女は、今回の“Season月”では天魔王役として出演。
「皆さんに『また、お前かよ!』って思われるかも」と発言し「これだけ若い方々と一緒にできることは中々ないですし、僕も宮野さんに比べると若い方なので、存分にエネルギーを出して頑張りたいです」と宮野をイジりつつ意気込みを語った。


廣瀬も「この場に、蘭兵衛を演じられていた早乙女さんがいらっしゃるだけでもプレッシャーを感じますし、名だたる俳優さんが演じてこられた役なので、自分の中で見つけ出していくのがすごく難しい作業だなと思っています」と語った。「蘭兵衛役のお二人にアドバイスは?」と振られた早乙女は「ないです、ないです!」と謙遜し、廣瀬から「稽古場でご指導お願いします」と懇願されると、「僕で良かったら、全部嘘を教えます」と再びジョークを飛ばし、場を盛り上げていた。

“上弦の月”は20代の方がかなり多いので勢いだとか若気の至りを出せていければ 自分が舞台は初なので、自分がどれだけやれるか未知数ですが、ベテランの方々の力を借りながら 皆で20代の力を出していきたい。」と語り宮野は「自分は舞台の立ち回りの経験もない中、不安はもちろんありますが、皆さんの凄まじい演技に頼りながらしっかり現場で本気をぶつけられる座長でありたい。」と語り完成披露試写会を締めくくった。


『髑髏城の七人』Season月は、2017年11月23日(祝・木)~2018年2月21日(水)まで、IHIステージアラウンド東京にて上演される。




INFOMATION

●公演概要

【作】 中島かずき

【演出】 いのうえひでのり

【音楽】 岡崎司 松崎雄一

【キャスト】 「上弦の月」 福士蒼汰 早乙女太一 三浦翔平 須賀健太 平間壮一 高田聖子 渡辺いっけい
       「下弦の月」 宮野真守 鈴木拡樹 廣瀬智紀 木村了 松岡広大 羽野晶紀 千葉哲也


【制作】 ヴィレッヂ

【製作】 TBS ヴィレッヂ 劇団☆新感線

【期間】 2017年11月23日(祝木)~2018年2月21日(水)

【劇場】 IHIステージアラウンド東京

【チケット】 S席13,000円・サイド席12,500円

公式サイト: http://www.vi-shinkansen.co.jp/



最新記事

BACK NUMBER